毎週金曜日は17:00~18:00体験スクールオープン

ソフトウェア会社が運営するプログラミングスクール

使用者から創造者へ

「21世紀型スキル」とは、コミュニケーション能力やコラボレーション能力(チームワーク)、ITリテラシー、批判的思考など、変化の激しいグローバル社会を生き抜くために、子供たちに将来必要とされる10の能力を総称した言葉です。国際的な教育団体「ATC21s」が提唱しており、日本だけでなく世界の教育機関で普及している、「世界共通で通用する力」ともいえます。それは、単に知識を覚えたり、与えられた問題を解くだけでなく、自ら課題を見つけ、情報技術を活用したり他人とコラボレーションしたりしながら課題を解決していく力です。この価値観はプログラミング教育との親和性が高く、子供たちが将来生きていくために「必要な教養」へと認識が変化してきました。当スクールを通し21世紀を生き抜くスキルを身に付け、ハッピーな人生を子供たちが送ることが出来るようスタッフ一同心より願っております。

プログラミングを学ぶ4つの理由

  • 楽しい!

    プログラミングは純粋に子供の遊びとして「楽しい」です。感覚としては「絵を書いたり」、「粘土で遊んだり」、「楽器を弾いたり」する時の「楽しい」と似た感覚です。

  • 「問題解決能力」を養える

    誰かから与えられたテーマではなく、自分の作りたいものを創るプロセスの中で、自然と問題解決型の課題に挑む力が備わります。

  • 「論理的思考力」を養える

    単純な出来事でもプログラミングでは「物事や構造をちゃんと整理して考える力」が必要となりそのような体験が身近で起こることにより、自然と論理的思考力が養われます。

  • 「将来の可能性」を広げる

    「今の子供たちの65%は大学卒業時には、現在存在しない仕事に就くだろう」と2011年キャッシー・デビットソン氏は語りました。今後ますますIT化が進む、先の見えない社会でどんな仕事にも役立つプログラミングは子供たちの”選択肢”を増やす事につながります。

News

お知らせ

スクールについて

運営会社案内

メンター紹介

コース・料金体系

コース

Mentor(メンター)

当スクールでは(Mentor)と呼ばれる経験豊富な現役プログラマーが、対話による気づきと助言を行い子供たちとの関係をむすび自発的・自律的な発達を促す方法で可能性を最大限に引き出します。
Daishuke
Daishuke
Skill : Java.PHP.VB.C#
大学時代は、情報工学を専攻。 主に進化論的計算を用いた自動作曲システムを研究。 現在はセキュリティエンジニアを目指し日々、奮闘中!最近、彼女ができた!
Shinya
Shinya
Skill : javascript.PHP.C#
講師歴5年、メンターの中心的人物。プログラミングスキルは勿論、指導力の高さは老若男女問わず幅広い層のファン支持されています。
masato
masato
Skill : ITコーディネータ
○○スクール校長、ITコーディネータ届出組織AXIS代表、栃木県専門家派遣事業【情報化・IT活用】 専門家として地域中小企業のITを活用した経営課題解決を得意としている。

お 問 合 せ